今生の別れ、が来るそのまえに・・・できることできないことを考える。

今生の別れ、が来るそのまえに・・・できることできないことを考える。

もう嫌というほど分かってしまっていること。たぶん、このブログを読む方は、予測しているだろう?やれることはすべてやれましたか?後悔はしませんか?まだ「やることあるよ」ってこと。わかっているはず、認めたくないのだけど、分かってしまっている自分が...

記事を読む

看病する人にとってもっとも大切なこと

看病する人にとってもっとも大切なこと

それは、あなたの心が軽くなること。ふわっふわに軽くなって、明日また病院に行く気力と体力を取り戻すことそのための眠りを十分にとれるように誘(いざな)うこと。それがモアイの最終目標です。だから、必要とされているのですね。さ、今晩もぐっすり眠るた...

記事を読む

【子宮頸がんワクチン】これって大問題だよ

【子宮頸がんワクチン】これって大問題だよ

ワクチンとか薬というのは、一定の割合で不具合が現れる。という研究もするわけだけれど、その異常が出た場合でもその副作用は軽微で済むように臨床試験もするものだと思うけれど、うちの娘は受けさせなかったんだよ。なんか異常な「受けなさい」お知らせが頻...

記事を読む

あきらめる瞬間

あきらめる瞬間

あきらめたのは、あの時。車いすに座った彼女が後ろを向いた。私に話しかけ、あの言葉を発した瞬間。そう思う。なにかすべてを手放した瞬間。できることはやった。納得できた顔。美しい。ここを読む人は、その瞬間を見逃さないようにね。大事なことなんだ。そ...

記事を読む

再~~開

再~~開

StageXを再開しました。すこし変更しましたので、出したり出さなかったり、一々消さなくてもよいように変えました。手間を省いちゃいました。

記事を読む

病に負け始めるとき「白衣高血圧」の話

病に負け始めるとき「白衣高血圧」の話

病院で血圧を計るとみょうに上がる。。。なんでやねん。「白衣高血圧」って知っていますか?病院の診察で思ったのですが、血圧を測った時にどうにも血圧が上がってしまう症状ですよね。病院という場所に行ってなれない検査や診察を受けていると緊張してしまい...

記事を読む

マッサージに使えるのだ

マッサージに使えるのだ

ここのところですね。自分の足をマッサージするんですよ。持病対策ですね。気持ちもいいですからね。当時は妻の足どころか全身をマッサージなんて1日何時間やったことか・・・あ~懐かしい。マッサージってですね。すっごく大事なんです。健康な頃は面倒くさ...

記事を読む

準備が整うその日まで・・・

準備が整うその日まで・・・

モアイは慌てない。全員を助けてはやれない。ほんの一部でしかない。「縁」のようなものがそこには存在する。いま、あなたの目の前に現れた人が、あなたの人生に必要な人なのだ。そういうものだ。だからモアイは慌てない。私が慌てたら、助けてやれない。だか...

記事を読む

持病は意識しすぎない

持病は意識しすぎない

自分は病気だ。という意識が強いと、そのままの身体を作ってしまう。そりゃあ、癌のように命にかかわる病気ではなくても不安は残るし、「今後、未来」というキーワードが頭の中を駆け巡るよね。子供たちや親しい人々の顔が浮かんできているかもしれない。いつ...

記事を読む

高血圧となんだのかんだのと糖尿病。

高血圧となんだのかんだのと糖尿病。

ここのところ血糖値の制御はうまくいっているようで許容範囲以内だなと勝手に判断している。もともと、それほど旨いものばかり喰っている生活もしていないからね。一人暮らしの弊害というか、面倒くさがりで、あるものだけを食べていたから、なければ納豆ご飯...

記事を読む

悲しんでばかりいたって進まないし。

悲しんでばかりいたって進まないし。

発病という大きな衝撃に驚いてしまう。人は突然大きな音、たとえば爆発音のようなもの聞くとしばらく動けなくなってしまします。それでも動けるようになるには訓練が必要です。それと同じ、最初のショックから立ち直ったら自分を訓練していく。せめて、彼女(...

記事を読む

「代わってやりたい」彼女が死んじゃう死んじゃう!

「代わってやりたい」彼女が死んじゃう死んじゃう!

当時の自分と今の自分を比較してみることがたまにあるのですが、なんか感情に流されることがおおかったなぁ。と思うのであります。彼女が死んじゃう死んじゃう。ということにばかり囚われてしまったんじゃないだろうか?本当に本人のためになることをしてやれ...

記事を読む

夜、眠れない

夜、眠れない

なんてことが日常になってしまって、一度消した暖房をまたつけて外をみる。そんな日が続いているのかもしれないね。自宅に戻っていた短い日々に感じた彼女(彼)の思いを改めて知ることになった事で、思いはまた深くなってしまった。人間そういうものだ。家族...

記事を読む

「なんで抗癌剤なの?」という話

「なんで抗癌剤なの?」という話

最後の最期は自己責任だよ。「抗癌剤なんて信じるな!」という主張をしていた医者が、その主張を信じて死んでいったある女優の話題で叩かれたりしていますよね。抗癌剤の功罪について極端な考え方なんじゃないかな?と感じていた時期もあったのは事実だし、い...

記事を読む

駄々をこねる・・・こねまくる

駄々をこねる・・・こねまくる

正月休みも終わってさすがにもう病院にもどったことでしょうね。一時退院にしても外泊許可にしてもね。「さぁ、明日、病院に戻るよ」という段になるとなんだかんだとごねませんでしたか?うちはごねましたね。帰りたくないんです。帰らなくてはいけなくても帰...

記事を読む

2000万人分の1になっちまったな

2000万人分の1になっちまったな

国民の5人のうちの1人になったんだよな。それが私の病気。2つめの持病だ。でも、痛風は落ち着いているので問題はなさそうだから、新しい悪友としてこの病と長い付き合いをすることになるわけだ。ま、いいだろ。そろそろ、書いていこうと思う。ではまたね。...

記事を読む

新しい年が来てしまった!と考えてしまう。

新しい年が来てしまった!と考えてしまう。

たぶん、このブログを読んでいる方にとっては、「あ~新しい年が明けてしまった」と頭に浮かんでしまうかもしれない。たぶん、それは、「もしかしたら今年・・・」という思いが心の奥底に淀んでいるからでしょう。モアイもそうでしたから分かります。新年には...

記事を読む

「癌家族の年末年始の過ごし方」とこんな話を始めます。

「癌家族の年末年始の過ごし方」とこんな話を始めます。

来年早々からの話で、鬼に笑われない程度の予告をしておこうかと。個人的な話というのはなかなか恥ずかしかったりして話しづらいものがあったりするものです。個人情報も入り放題ですしね。変な人に目をつけられるのも嫌だし、そんな人達の相手をしている時間...

記事を読む

終末医療・どうやって逝くのか?逝かせるのか?

終末医療・どうやって逝くのか?逝かせるのか?

勇気のいる発言をされている。ほんの数年前だったら非難轟々だったのではないだろうか?医療関係者、製薬関係者やそこから利益を得ているマスコミ関係に大叩きされただろうし、その前にタブーとして「この話題を出すこと考えてもいけないこと」のようになって...

記事を読む

入院してみて分かったこと(3)「まずは走ってみた」

入院してみて分かったこと(3)「まずは走ってみた」

モアイは最初、走りこんでみて、やってみて、そこで初めて考えてみて方向転換することがままあります。今回、自身の発病、入院を体験してみて思うところが多々ありまして、「よし、これは別にサイトを創ろう」なんて勢い込んで作ってしまいましたが、冷静にな...

記事を読む