癌・その死に至る病との夫婦の闘い方・大切な人を幸せにする看病術

癌が家族にみつかった!!

それは大変な事態です。

 

それこそ「初めての家族の癌」の驚きと不安に苛まれている方がいらっしゃいましたら、PCからアクセスの方は右側ほぼ上から順番に、iPhone、携帯からの方はこの下↓のメニューの順番通りに読んで、これから始まる看病生活のヒントにしていただければと思います。

 

大変なことになりました」。
筆者もそうだったのですが、宣告を受けた直後は、???ばかりでした。
その重大性が理解できなくて右往左往しながら即入院に対応するだけで手一杯でした。

 

でも、癌で入院するということは大変なことです。
どちらにしても否応もなく理解することになりますが、「大変なことなんだ」と理解してください。

 

そして、大きな決断と覚悟が必要な事態です。

 

もっと気を楽にして看病できたら、と誰しも考えます。

 

でも「じゃあね、また明日」と言いつつ病室を出たとたんに、「どよ〜ん」としてしまって、「どうしよう、どうしよう」と考えてしまっていませんか?

 

「なんで私ばっかり・・・」って思いたくなくてもいつのまにか浮かんできて、沈めても沈めても・・・

 

そんな状況ですか?

 

それは、

 

あなたの夫または妻が癌を患い、あなたが、周りの色々なものに敏感に反応している証拠でもありますよ。
人生の路上に大きな障害物が現れたから、起き始めた?見え始めた現象です。

 

 

そういうことを考えると、そうそう周りの人に簡単に相談もできないな・・・。

 

モアイ(Moai)はそんな状況に陥った経験があるのです。

 

あなたが今、経験していることは人生でそうそう起きることのない最大の危機に立ち向かっているのだと思うのです。
モアイ(Moai)の経験を活かすことでなんらかの支援ができると考えこのサイトを創りました。

 

 

 

【執筆者:モアイ】