ちゃんと帰ってくるための「最期の旅」計画

ちゃんと帰ってくるための「最期の旅」計画 「最期の旅」計画の立案方法

あれから何年も経った。

 

でも、忘れられない旅だった。

すべて独りで計画し、手配した旅だったからよけいそう思い、記憶にも強く深く刻まれているのかも知れない。

そう思いながら追憶として思い出すことが多いからこそ、「あそこはこうすべきだったかな?」「もっと早く実行していればもっと・・・」なんて考えが浮かび上がってくる。

 

少しいまでの世間だったり状況では使えなかったであろう方法も思いついたりしている。

 

久しぶりに思ったのだけれど。この「最期の旅」リニューアルをしようかと、、、

たぶんだけれど、きっといるはず、当時の私と同じ状況の中で、なんとか無事に行ってこれる旅の計画を立てようとしている人が、きっといる。

 

そんな人たちに計画を立てるときのヒントにでもなれば良い。と思うのでこのカテゴリーを創ることにした。

できるだけいまの世界でも使えるような便利な内容に書き換えて公開していく。

 

 

「最期の旅」計画の立案方法

この旅に出発することを選んだ理由を書いておこう。

不憫だったんだよね。 彼女がさ。 そのときにはこう思ったんだ。 あの世話好きな子供大好き女、看護師としての最初の勤め口も小児病棟にするような彼女が、子供を4人も授かってやっと小中高校と3校にも渡って通い始めた子どもたちを残したまま...
「最期の旅」計画の立案方法

[旅行バッグ]帰り着くまでなんとか体力を保たせるアイディアを出し尽くす

最期の旅ではその病態ゆえに最後に家まで帰り着くための方法を考えつく限り準備をし尽くさなくてはいけなくて、その残された体力をどこまで保たせられるか? 保たせるためにあらゆるできることを考えることが勝負になる。 その旅行中、最も気になった...
「最期の旅」計画の立案方法

「最期の旅」いまだったら新型肺炎コロナ騒ぎで絶対に行けなかったなぁ

計画している人がいたらやめてくださいね。年寄りじゃなくても免疫力が極端に落ちている状況ですから、もし新型コロナウィルスに罹患したらまず間違いなく死に至るのではないでしょうか?
「最期の旅」計画の立案方法

ステージⅣ末期癌・あぁ妻の追憶・・・「人生最期の旅」でしたよ。

人生は旅のようなもの、 そう考えるのであれば、 その旅の最期に同行し最期まで支え続けることができたことは、 夫として名誉であり、 彼女の、 妻の、 最期の望みを叶えてやれたことは夫にとって誇りでありました。 ...
タイトルとURLをコピーしました